事例・コラム

マンションにネズミ!?駆除はどうしたらいいの?

投稿日:2021/04/19コラム
ネズミ被害が続出

繁華街などに出没するネズミの話は、よく耳にすることと思います。
飲食店には付きもののようなネズミですが、近年、オフィスビルなどでも目撃されていることをご存知でしょうか。
オフィスビルに出没するということは、マンションでもそうなることは想像に難くありません。
ネズミは一軒家や飲食店を狙っているわけではなく、侵入したければどこにでも入って行きますし、居心地が良いと思えばその場所に巣を作って繁殖をします。
太古から人類とネズミとの闘いは続いていますが、そのくせネズミについての知識が乏しいのが、現代日本に住む我々です。
実際にネズミを見たことがある人は少ないでしょうし、もし身の回りに出たら、逃げ出すことしか思い浮かばないという人も居るのではありませんか?
そこで今回は、マンションにネズミが出没した場合の駆除方法などについて、ご紹介いたしましょう。

マンションでのネズミ被害、どんなもの?

ネズミの被害でまず思い浮かぶのが、食物を食い荒らされてしまうことではないでしょうか。
朝起きてリビングやキッチンなどに向かったら、置いてあった食べかけの袋菓子や、棚に置いてあったカップ麺の、外側のフィルムや個包装、中身が細かく砕かれたようになって散らばっていた。
小麦粉などの袋が破られて、中身と一緒に散乱していた。
こういったことがあった場合は、ネズミの被害を疑ってください。
人家に出没して害を及ぼすネズミの種類はいくつかありますが、小さいものなら、1.5cmほどの隙間があれば侵入が可能だとされています。
一軒家の場合、多くは通風孔や配管を使って侵入します。
気密性の高いマンションとはいえ、網戸の隙間や通風孔などはどの部屋にもありますから、そこから侵入してくる可能性は大いにあるのです。
いずれにしろ、ネズミによる被害は以下のようなものが考えられますので、侵入が確実であれば駆除を考えないわけにはいきません。

健康への害

これまで世界中で数度に渡って大流行し、億単位での死者が推定されるのがペストで、それがネズミによって媒介されたことは、多くの人が知る事実です。
どんな狭いところにでも潜っていくネズミは非常に不潔な生物で、糞尿にはサルモネラ菌をはじめ、E型肝炎ウイルス、ハンタウイルスなどが存在しています。
その体にはダニやノミが寄生していて、そこから人に感染するケースがあることも知られています。
もしネズミに噛まれてしまった場合には、さらなる健康被害があることは明らかでしょう。
また、被害に遭った食品の処分をしたり、後を掃除をする場合にも、手袋やマスクを着用するなどの注意が必要になります。

建物への害

ネズミと聞くと、しょっちゅう口を動かして何かをかじっている仕草を思い浮かべる人は多いと思いますが、それはネズミの生態が影響しています。
ネズミのあの大きな前歯は生涯伸び続けるので、常に何か硬いものをかじって削っていなければ、自分の顎を歯が貫いたり、伸びた歯が邪魔になって食事ができなくなってしまうのです。
ネズミはかじるものを選びません。
食物はもちろん、壁や断熱材、コンクリートなどでもよく、近年では電線やケーブルがかじられる被害の報告が増えています。
電線をかじられた場合にはショートして火災の原因になることもあり、甚大な被害を被るケースも出てきています。

精神的な害

精神的なダメージも

もしかしたらこの壁の向こうにネズミが居るのかもしれない…
そう考えたら、ゆっくり眠ることが難しくなってしまうことがあるかもしれません。
小さな物音がしたり、目の端でなにかが動いたように感じたら、思わず身構えてしまったり。
小さなお子さんやペットが居ればなおのこと、そういった不安が大きくなってしまいます。
強いストレスから不眠症や食欲不振などに陥ることも、十分に考えられるでしょう。

マンションでのネズミ駆除費用は誰の負担になる?

マンションにネズミが出た場合、管理の形態などから費用の負担は個々によって異なります。
ネズミの場合、自分の家や見える範囲だけ駆除してしまえば良いかというと、そうではありません。
忌避剤などを設置してみても、一旦はどこかへ移動して居なくなったり見なくなったりするかもしれませんが、ネズミは自由に動き回れますから、時間をおけばまた戻ってくる可能性は大です。
毒餌を撒いて駆除に成功したとしても、どこかにあるはずの死骸を処理しなければなりません。
処理した後には、掃除と消毒なども必要です。
それらのことを天井裏や床下の狭いスペースで行わなければなりませんから、ネズミの駆除に素人が手を出せるかというと、難しいというのが実際のところです。
また、自分の家だけで駆除を行っても、わずかな隙間を使って移動してしまうネズミには、
あまり意味が無いということも考えられますから、まずは管理組合や管理会社に相談するのが賢明です。

ネズミが侵入しないマンションにできる?

ネズミが侵入しづらい環境を作ることは可能です。
ネズミは無闇に侵入しているわけではなく、食料に惹かれてやってきます。
まずは食べかけのものを置きっぱなしにせず、必ず密閉できる蓋付きの容器に入れたり、簡単に開け閉めできない棚に片付けるなどの習慣をつけましょう。
段ボールの箱や密封できるビニール袋は簡単に破られてしまうので、効果はありません。
洗う前の食器を流しに残すようなことをせず、生ごみもすぐに片付けて、蓋付きのごみ箱に捨てるようにします。
鉢植えなどがネズミの食料や隠れ家になってしまうこともありますから、ネズミが出ている間はなるべく置かないようにすることも大切です。
布や紙などがネズミの巣の材料にされることがありますから、着ていない洋服なども含めて、密封できる衣装ケースなどに収納するようにしてください。
パンチングパネルという金属製の網を使って侵入口になりそうな箇所を塞ぐこともできますが、効果的に設置するには、プロであるネズミ駆除業者の意見を参考にした方が良いでしょう。

マンションでのネズミ駆除は、管理形態のこともあって、個人が対応するのはハードルが高そうです。
ネズミが居るのかもしれないと思った時には、すでに巣を作られていた後だという可能性が高くなりますから、まずは小まめな対策をして、ネズミの侵入しにくい環境を作っておくことが大切です。
マンション全体の予防措置を含めて、駆除に関してはネズミ駆除業者に相談することをおすすめします。

まずはお気軽に
お問い合わせください

無料相談のお問い合わせは、お電話、LINE
お問い合わせフォームよりお願いいたします。
24時間365日受付中!

天井裏や屋根裏の現地調査(写真撮影付き)は無料です!
お客様は立ち会うだけでOK!
害獣の不安を今すぐ解消!誠心誠意対応いたします!