事例・コラム

一刻もはやく依頼したいシロアリの駆除費用…どれくらいかかるもの?

投稿日:2021/05/10コラム

家屋のシロアリ被害というものは、いつの時代にもあるものです。
とはいえ、実際にシロアリを見たことがある、あるいは被害にあったことがあるという人は、意外と周りに居ないものですよね。
一戸建てで庭がある場合、庭の杭や、枯れたまま放置していた観葉植物の鉢植えなどが、真っ先にシロアリの餌食になることがあります。
シロアリは、生きている木材や植物はめったに餌にしません。
しかし、全くないというわけではありませんから、庭の草木にコンディションの異常が見られたら、病気や害虫の被害にあっていないかの状態を見極めることは大切です。
この時点でシロアリが住みついているのかもしれないと気づいたなら、まだ傷は浅いかもしれません。
もし、家の中で羽アリがみつかったら、その元になる巣があることは濃厚になります。
また、羽アリを見た記憶が無かったとしても、ある時から引き戸が開かなくなった、床がふかふかするような感触の箇所がある、ドアが上手く開かなくなったなどの兆候があったなら、要注意です。
早急にシロアリ駆除業者を手配しましょう。

シロアリはどこに巣を作る?

シロアリは湿度が高く、暗い場所を好みます。
ですので、キッチンや浴室、洗面所やトイレといった水回りは、最大の要注意ポイントです。
和室なども、シロアリが畳を好んで食べることから、チェックが必要になります。
シロアリというと床下に潜むイメージがあるかもしれませんが、屋根裏にわずかに雨漏りしている場合、シロアリが好む条件に合ってしまいますから、被害は床下だけにとどまらないということです。
シロアリの巣自体は土の中に作るのですが、食料になる木材までは苦手な日光や光を避けるため、蟻道と呼ばれるトンネルのようなものを作ります。
これがコンクリートや鉄の部分の表面にできていれば、まず間違いなくシロアリが巣を作っていることがわかります。
シロアリの駆除は、こうした狭い床下や屋根裏での作業になるので、難易度が高いものになるのです。

業者選びは慎重に

はじめてのシロアリの被害、駆除業者に依頼しようとするものの、心配なのは費用のことですよね。
業者に依頼する場合の簡単な流れは、まず連絡して、都合の良い日を決めて現地調査と見積もり依頼をします。
シロアリによる家屋への被害状況は、1つとして同じではありませんから、必ず見積もりを取ることになるので、ここまでは無料というのがほとんどですが、そうでは無い業者もありますから、確認は必要です。
シロアリ駆除に均一料金というものはなく、業者間で駆除に関わるサービス内容なども異なるので、現地調査+見積書の提出はセットと考えて良いでしょう。
また、必ず3社程度から相見積もりを取って、内容の記載や金額が適切かどうか、確認しましょう。
見積書に大雑把な費用だけ記載していた場合、その業者は誠実だとはいえません。
きちんとした業者であれば、見積もりの各項目に内訳や、詳細な単価などの記載があるはずです。
また、施工や費用に疑問があればその時点で解決しなければなりませんから、些細なことでも全てぶつけてみてください。
優良な業者であればどんな質問にもきちんと答えようとするでしょうが、はぐらかすような態度があったり、面倒臭そうな態度を取るような場合、その業者は避けた方が無難です。

シロアリ駆除は優良な業者に依頼する

依頼する側にしてみれば、シロアリの被害は降って湧いたような災難ですから、なるべく安い費用で駆除をしたいですよね。
しかし、シロアリ駆除業者も玉石混交で、優良な業者と悪質な業者が混在しているのが現状です。
安いことから任せてみたらとんでもない悪質な業者で、シロアリ駆除に関する知識もろくに無く、ほとんど何も施工をしていないような状態だった、というようなトラブルに巻き込まれてしまう恐れもあるのです。
シロアリの駆除には狭くて暗い場所に入って作業しなければならないことを思うと、その金額で果たして仕事としての利益になるのか、当たり前のことを考えてみれば、おのずと答えが出るのではないでしょうか。

シロアリ駆除の全国的な相場

シロアリ駆除作業は業者間でサービス内容に差があり、一律の相場が存在しないのですが、一例として、坪当たり10,725円(1㎡あたり3,250円)というものがあります。
ただし、被害が出ている建物の構造や、狭い範囲であっても被害の程度が深刻なケースでは、これよりも高くなる可能性も考えられます。

価格の表記の単位に注意!「坪」と「㎡」

駆除業者を選ぶ時、広告やホームページを見て探すと思いますが、業者によって表示している単位が異なっています。
1坪は3.3㎡です。
㎡で料金が記載されていると、一見安いような印象を受けますが、㎡から坪価格に換算するには3.3を乗算する必要がありますから、注意が必要です。

業者のレベルでの費用の差はある?

シロアリの駆除業者のタイプは大きく分けて、上場している大手企業、地域密着型の中堅企業、ホームセンターやフランチャイズ系の業者、個人経営のものがあります。
費用は大手から個人経営に向かって安くなるという傾向にはありますが、その分施工や品質、アフターフォローがしっかりしていたり、社員教育が行き届いていたりすることもあり、どこなら絶対に安心とはいえません。

地域による価格差も

価格について考える

東京や大阪のような大都市だと、比較的建坪が小さくなる傾向があるので、㎡あたりの金額は高くなります。
これは、どんなに狭い家でも、施工する上での経費や人件費などは最低限必要だから。
また、強力な加害力を持つイエシロアリが生息する九州、四国や本州の一部では、元の設定金額が高くなっていますから、全国一律の料金では無いということも頭に入れておきましょう。

庭に廃材などを置いていて、そこに雨がかかったり撒いた水がかかったりしても、シロアリが好む環境が作られてしまいます。
庭から家の中に侵入するというパターンもあるので、家の周りには廃材などを不用意に置かないよう、心がけておきましょう。シロアリの駆除費用は、ケースバイケースにならざるを得ないため、一概に高い・安いと判断するのは難しいのですが、あまりにも安かったり、安さばかりを強調するような業者は、要注意です。
シロアリが住みついているかもしれないと感じたなら、大切な財産である家を守るためにも、一刻もはやく優良な業者に駆除を依頼することをおすすめします。

まずはお気軽に
お問い合わせください

無料相談のお問い合わせは、お電話、LINE
お問い合わせフォームよりお願いいたします。
24時間365日受付中!

天井裏や屋根裏の現地調査(写真撮影付き)は無料です!
お客様は立ち会うだけでOK!
害獣の不安を今すぐ解消!誠心誠意対応いたします!