害獣の種類

よくご相談いただく害獣の種類TYPE OF VERMIN

ネズミ

一度住みつくと、ネズミ算式に増加!ダニの発生や火事の原因に!
1度侵入しますとなかなか出て行ってはくれず、
文字通りネズミ算式に増えていきますので「ネズミを見たらすぐに駆除・退治」が鉄則です。
柱をかじるだけでなく、配線などをかじって火災の原因にもなるため非常に危険です。
さらには、ネズミ1匹に約1000匹のダニがいるといわれ、
アレルギー・アトピーを引き出す可能性があります。
駆除だけでなく、害獣駆除業者による消毒は絶対必要と考えます。

コウモリ

コウモリは、雨風がしのげて暖かな民家の屋根裏・倉庫・ビルの中などに住みついてしまうことが多く、人に被害を与えます。
コウモリは夜行性で明るいうちは棲み処でじっとしていることが多く、同じ場所に糞をします。
そのため天井から糞が染み出してきたり、乾燥した糞が空気中に飛散して感染症を引き起こすというような事故が起きています。
また、コウモリ自体にノミやダニなどが寄生していることが多いので布団などに侵入し二次被害を与える事例も多くあります。
コウモリがいたらすぐにお問い合わせください。

ハクビシン

ハクビシンは夜中に天井裏でドタバタと動き回るため、騒音で眠れないといった声が多々あります。
また、糞尿は不快な匂いを放ち、ひどくなると家に匂いが染み付いてしまったり、天井が腐敗したりと、大変な被害となります。
農作物やペットが食べられてしまうなど、取り返しがつかない被害が多発していますので、ハクビシンの駆除・退治はお急ぎ下さい!

イタチ

イタチは知らぬ間に屋根裏に棲みつきます。
気づいたら大損害に!住宅の損壊、健康被害、精神的なストレスなど多くの面に害が及びます!
ご自身でイタチを駆除しても、イタチは何度も発生・住みつきます。
屋根裏・床下・倉庫に住み着きますが、糞尿による悪臭はまだ良い方で「天井が腐って落ちてきて大怪我を負ってしまった」「ノミ・ダニが1,000匹以上の大量発生があった!等の報告もあります。
害獣の中でも非常に厄介なのがイタチと言えます。

アライグマ

アライグマは非常に危険!絶対に近づかない!自分で駆除・退治をしないで!
アライグマはとても獰猛で平気で壁などをぶち破る力を持っています。
噛みつかれて大怪我!という事例も多発。
大人になると体重もあり、天井が抜けて床に落ちてくることもありますから、アライグマの駆除は急がねばなりません。
その体の大きさと糞尿の多さも比例して天井に大きなシミが出てきます。臭いもそうですが、衛生面が特にひどく、菌の発生やノミ、ダニの発生が強烈です。
まずはお気軽に
お問い合わせください

無料相談のお問い合わせは、お電話、LINE
お問い合わせフォームよりお願いいたします。
24時間365日受付中!

天井裏や屋根裏の現地調査(写真撮影付き)は無料です!
お客様は立ち会うだけでOK!
害獣の不安を今すぐ解消!誠心誠意対応いたします!